医聖・本間日臣博士との出遇いは天の啓示であった。博士は多くの功績を遺して鬼籍に入られた

が、『若い医学徒への伝言』は私が授かり、継承の使命を付託された高著である。

 

本間博士は我が国の「呼吸器学会」「肺癌学会」の創始者でであり、多くの医学書を残されたが、

「若い医学徒への伝言」は哲学・倫理・文化などの人文系の唯一の書と言われる。私には本間博士

の顕彰と出版事業は同義であり、また竜太と共に生きることである。